下肢静脈瘤の硬化療法は福岡の木村専太郎クリニックへ

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

(図解)血液は心臓に向かって流れている静脈には、血液が心臓方向に流れるように逆流防止の弁がついています。下肢は第2の心臓といわれ、脚の筋肉を動かすことにより、下肢にある血液が一方的に心臓に向かって流れていきます。

(図解)弁が壊れ血液が逆流 しかし下肢の静脈弁が壊れていると、血液が逆流し、静脈が拡大します。これが静脈瘤です。
下肢の静脈には脚の筋肉の中を通る深部静脈と、脚の表面を走る浅在静脈があります。お産の後や、長時間立つ仕事をする人は、下肢の静脈弁がこわれて、血液が逆流して、静脈瘤が発生します。脚が腫れたり痙攣を起こしますが、通常美容上の治療を望むようです。

深部静脈と潜在静脈

(図解)深部静脈と潜在静脈下肢には、筋肉内を走る深部静脈と下肢の表面を走る浅在静脈があります。
深部静脈が詰まると足の血液の行き場所がなく、浅在静脈をバイパスとして利用するようになる。これが下肢静脈瘤の一つですが、これはまれなケースです。
通常の下肢静脈瘤は、深部静脈が詰まらずに開いている状態で起こります。
浅在静脈から深部静脈に血液が流れこむ際、静脈には血液が逆流しないように弁がありますが、浅在静脈から深部静脈に入る弁が壊れ、深部静脈からの血液が逆流、下肢静脈瘤が発生します。この種の下肢静脈瘤が最も多いようです。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤が出来る原因は

  • 遺伝的なもの
  • 遺伝プラス生活条件によるもの
  • 遺伝的なものは考えにくく、生活条件だけによるもの

が、あります。
生活条件によるものは、妊娠などによるお腹の中の圧力や、長時間・長期間の立ち仕事などによる腹部と下肢の重圧により下肢静脈の血が滞り、浅在静脈から深部静脈に入る弁が破壊され、下肢静脈瘤が発生するようです。

ご予約・お問合せ
月・火・水・金
9:00~13:00 / 14:30~17:30
木・土
9:00~12:30
05073024984 (月・火・水・金)9:00~13:00 / 14:30~17:30 (木・土)9:00~12:30
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせ・ご相談はこちら

休診日カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

赤字の日が休診日となっております。手術のご予約は、必ずお電話(050-7300-4760)でお願い致します。